【仕事中に包丁で怪我】切り傷に気づかず、片脚血まみれで調理し続ける相棒

飲食店キッチンのバイト中に包丁で怪我

僕は36歳で、飲食店の店長をしています。以前に勤めていた飲食店での話です。洋食を出すダイニングバーで、キッチンの仕事をしていました。オニオンスライスや人参の千切りなど包丁を握ったことのなかった僕にとっては、切り傷をするということは日常茶飯事の出来事でした。

スポンサーリンク

飲食店のキッチンでは、包丁による傷はつきもの

切り傷で絆創膏だらけになりながらも、毎日コツコツと包丁仕事をすると包丁の扱いにも慣れてくるものです。いつもキッチンでは2人で作業をしていました。包丁が近くにあるときや片付ける際に人の近くを通ったりする時は、お互いに大きな声で「包丁通ります!」と掛け声をし、安全に怪我のないよう作業をしていました。

そして、個人でも包丁の置く場所や置く向き、包丁の拭き方など、本当に気を遣っていたのを思い出します。そして僕も包丁には慣れ、一緒にキッチンに入ってる従業員も包丁に慣れている相棒とでの仕事の日のことです。

とにかく忙しい夜で、ホールの従業員からも「〇番テーブルのオーダーはまだか」と聞かれるぐらいキッチンは慌ただしかったです。お互いがお互いの持ち場の仕事に集中し、とにかく無我夢中で目の前のオーダーをこなしていました。

スポンサーリンク

【相棒の太ももに包丁で切った切り傷】したたり落ちる血にパニック

ようやくピークを過ぎて僕の持ち場が落ち着き、もう相棒のオーダーを手伝おうかと話しかけた時です。相棒のズボンの裾や足元に何か赤黒い液体が・・。「おい!何か出てるぞ!!」「血でしょ!血!!」

相方は唖然として状況がつかめない模様で、「僕じゃないです!」と言っていましたが、明らかに相方の足元に血が垂れているのです。

動かないようにジッとしてもらいよく見てみると、太モモ辺りのズボンがパカーと10センチほど切れていました。太モモには切り傷がありかなりの量の血が流れ、ズボンや足を伝い足元まで血でぬれていたのでした。

【片脚血まみれの相棒】包丁の切り傷が深く、救急車で運ばれ5針縫う

慌てて相棒のズボンをハサミで切りました。よく見ると切り傷はかなり深く出血もひどかったため、お店にある絆創膏やそんなものではどうしようもならない状況です。何でそんなに切れてるのか、本人も状況がわかってないし、そんな事を追求するよりとにかく救急車を呼ぼうとなり、相棒は救急車で運ばれていきました。

結局、相棒は5針縫う怪我でした。その後相棒から、「多分、慌てていていつものように手元にある布巾で拭かずに、サロンで拭いてしまった。その時に切ってしまったと思います。」とメールで連絡がありました。

僕としては「気づくでしょうが!」と思いましたが、相棒も落ち込んでいましたし、特に突っ込みは入れずにおきました。ただ救急車がお店の前に停まり、奥のキッチンから血だらけのタオルで足をグルグル巻にされた従業員が運ばれて行く様子を見たお客様が1番ビックリしていました。お客様に出した料理には、相棒の血は確実に混ざっておりません!

スポンサーリンク

関連記事

包丁が滑り手を怪我

【包丁の怪我で家族が大混乱】子どもは泣き叫び、旦那はパニック状態

【包丁で怪我】運悪く、包丁は前日に新調したばかり 30歳主婦です。約2年前、子どもが幼

記事を読む

じゃがいも

【料理の仕込み中に怪我】安い包丁なのに切れ味が良すぎて指をザックリ

2年ほど前、当時23歳の私は趣味という趣味も無く、IT関連の企業でSEをしていました。休日は

記事を読む

包丁で怪我しながらショッピングにおでかけ

包丁で負った切り傷を意地で止血し、ショッピングに出掛けた母に悲劇が起こる

41才、主婦です。私が小学3年生だった時のこと。私たち家族は父の仕事の都合で、生まれ育った福

記事を読む

包丁研ぎは母におまかせ

【包丁を砥石で研いで失敗】不器用な私には難しく、包丁研ぎは母に丸投げ

一人暮らしを始める時に、新しい三徳包丁を1本母親から買って貰いました。その包丁で野菜も、肉も

記事を読む

マグロととろろのぶっかけ丼

包丁で指をケガして大パニック!傷口を押さえたティッシュは血まみれに

結婚10年目の36歳、専業主婦です。包丁は毎日のように使いますが、私はケガをしてからずいぶん

記事を読む

手に包帯

【包丁で2度も怪我】応急処置するも出血が止まらず、病院で縫合するハメに

30代の女性会社員です。怪我したときに使っていた包丁の種類は1回目は不明ですが、2回目は1,

記事を読む

包丁と包丁研ぎ棒

包丁研ぎ棒は簡単だけど、大事な包丁はやはり研ぎ屋に依頼

47歳主婦です。お料理は好きなので、包丁は出刃包丁1本、刺身包丁1本、三徳包丁1本、パン切り

記事を読む

包丁と砥石

包丁は砥石で研ぐのが一番!母の指導のもと、やっとの思いで研ぎ方を習得

年齢44歳、会社員です。菜切り包丁1本、出刃包丁1本、パン切り包丁1本の計3本の包丁を所有し

記事を読む

ネギを切る

【包丁で危うく指を切断】血が止まらず、看護師の友人に助けを求める

会社員で30歳のとき自分の食事を作るため、用意していたときのことである。確かねぎだということ

記事を読む

包丁の怪我を見て貧血を起こす旦那

【包丁で親指を切って出血多量】怪我した私ではなく、血を見た主人が貧血でダウン

25歳の専業主婦です。大学でも調理の学科を専攻しており、長年毎日料理をしていることから包丁を

記事を読む

料理好きになった旦那が激変!私が作る料理に批評ばかりでケンカ勃発

22歳の主婦です。私より2歳年下で20歳の旦那は、かなりの料理好き男子

料理好きな主人に感謝するも、病人の私にチーズリゾットなんてヘビーすぎ

27歳の主人は料理歴4年です。就職を機会に一人暮らしを始めたのがきっか

鍋で出汁をとる
うんちくだけの旦那が料理好きに。収納棚はこだわりの調理器具で飽和状態

パート勤めの主婦、50歳です。旦那は45歳で、早朝から深夜まで

オレンジ色の鍋
料理好きな彼が購入した4万円もの調理家電。相談なしで買っちゃうなんて…

私は27歳、料理好きな彼は28歳になります。付き合い始めたころ

困った女性
料理好きの弟よ、彼女にイイ顔する前に台所の洗い物を片付けなさいッ

我が家の困った料理好き男子は2歳年下の29歳になる弟です。綺麗

→もっと見る

PAGE TOP ↑