【包丁ブランド】三徳包丁を買うなら、グローバル・空・藤次郎どれを選ぶ?

三徳包丁

万能包丁と言われている、三徳包丁。この1本があれば、家庭で料理するのには困りません。三徳包丁といっても価格帯は幅広く、メーカーもたくさんあります。包丁に限ったことではありませんが、お手頃な値段でいいものを買いたいというのが本音ですよね。

スポンサーリンク

今回は包丁ブランドの中でも有名な、「グローバル」、「空(くう)」、「藤次郎」に絞り、それぞれの特徴と代表的な三徳包丁をご紹介します。

【グローバルの三徳包丁】刀身とハンドル一体型で、スタイリッシュ

グローバルは、新潟県燕市の吉田金属工業のブランドです。一体型包丁を先駆けて開発したメーカーで、ラインナップも一体型包丁をメインにしています。うち、三徳包丁があるのは、ベーシックモデルとなるGシリーズです。

グローバルの三徳包丁

グローバル G-57 三徳16cm
重さ165g
メーカー販売価格8,640円(税込)
刀身材質・構造18クロムステンレス 単一板構造
ハンドル素材18-8ステンレス
(18%クロム、8%ニッケル含有ステンレス)

1983年に販売開始されたとは思えないほどの、斬新でスタイリッシュなフォルムです。ステンレスハンドルが必ずしも衛生的であるとは言い切れませんが、人前で使用するときなどに良いイメージを与えるのは確かです。

洋式包丁のスタイルを意識してか、刃の形状は中央部から先端部にかけてのカーブがきつめになっています。カーブがきついことのメリットは、肉や魚を切るときに角度上、刃先の食いつきがよくなることです。デメリットは野菜のせん切りなどで押し切りをするときに、刃先のカーブにあわせた動作が必要になることです。

【空(くう)の三徳包丁】最高クラスの硬度を持つ素材を使用

岐阜県関市の、G.SAKAIというメーカーの包丁ブランドです。G.SAKAIはどちらかといえばナイフメーカーで、アマゾンなどで検索しても出てくるのはほとんどアウトドアナイフです。個性的なデザインのものも多く、鋼材も現在の刃物用鋼材では最高クラスの硬度をもつ、日立金属YSSのZDP-189などを使用しています。

包丁では「空(くう)」というブランドで、アウトドアナイフと違いオーソドックスな形状の包丁を製造しています。

空(くう)の三徳包丁

スポンサーリンク
空VG-1 三徳175mm
重さ165g
メーカー販売価格7,776円(税込)
刀身材質・構造VG-1 単一板構造
ハンドル素材・構造バッカーウッド(積層強化木)
三本鋲 本通し

刀身の鋼材は武生特殊鋼材のVG1(V金1号)という、ハイカーボンモリブデンニッケルステンレスで、ステンレスとしては比較的硬度が高く、上質なクラスのものです。鋼材は良い物を使っていて、価格も良心的です。

【藤次郎の三徳包丁】包丁の素材や種類が豊富

吉田金属工業と同じく、新潟県燕市に本拠を置く、藤次郎株式会社のブランドです。グローバルは刀身とハンドルのステンレス一体型包丁で個性を出しているのに対し、藤次郎(トウジロウ)は、三層割込(鋼をステンレスで挟んだ構造)、ダマスカスといった複合、積層鋼材を加工した包丁を前面に打ち出すことで個性を出しています。

複合鋼材や積層鋼材も多種の組み合わせをもち、シリーズラインナップの多さに驚かされます。どのシリーズにもほぼ三徳包丁がありますが、グローバルや空(くう)と同じ価格帯のものを紹介します。

【Tojiro-Pro(藤次郎プロ)】DPコバルト合金鋼割込 三徳170mm

藤次郎プロの三徳包丁

Tojiro-Pro(トウジロウプロ) DPコバルト合金鋼割込 三徳170mm F-895
重さ150g
メーカー販売価格8,000円
刀身材質・構造三層割込構造
(中心鋼:DPコバルト合金鋼 側鋼:13クロムステンレス)
ハンドル素材18-8ステンレス

一体型ですが、口金がデザインとしてはいっており、基本的な形状にしています。鋼材は藤次郎複合鋼のベーシックな組み合わせのものです。中心鋼材のDPコバルト合金鋼は、コバルト含有のステンレスということで、武生特殊鋼材のV金10号をもとにしたものと推測します。

一体型でもスタイリッシュさを求めない場合は、こちらのほうがオススメですね。割込構造にしては重量が軽いのも好感がもてます。

【藤次郎】DPコバルト合金鋼割込(口金付) 三徳170mm

藤次郎の三徳包丁

トウジロウ DPコバルト合金鋼割込(口金付) 三徳170mm F-503
重さ180g
メーカー販売価格7,500円
刀身材質・構造三層割込構造
(中心鋼:DPコバルト合金鋼 側鋼:13クロムステンレス)
ハンドル素材・構造積層強化材
三本鋲 本通し

先にあげたTojiro-Pro F-895の通常ハンドルモデルです。形状はほとんど同じで、刀身の材質構造もまったく同じです。なお口金無しのシリーズもあり、こちらは「F-311 重さ130g 4,000円」です。

また、SDモリブデンバナジウム鋼(武生特殊鋼材のV金5号をもとにしたものと推測)の単一板構造、「F-882 重さ165g 6,000円」というモデルもあります。形はF-503と同じです。

まとめ

3つのブランドの代表的な三徳包丁をご紹介しましたが、それぞれのブランドには個性があり、また実績といった点でも甲乙つけがたいのが正直なところです。ただ、刀身とハンドル一体型はバランス面で違和感を感じる場合があり、割込は構造上ブレードがどうしても厚くなりがちで、重量もやや重くなります

好みで選んで後悔することはないと思いますが、個人的には、材質構造と価格面を考えると、藤次郎が一番コストパフォーマンスがよいと判断します。アフターサービスもきちんとしていますよ。

スポンサーリンク

関連記事

お刺身

【魚用包丁の選び方】さばきやすい包丁の特徴は?

釣りが趣味で釣ってきた魚、せっかくの新鮮な魚ですから美味しく食べたいですよね。魚を美味しく調

記事を読む

【釣りに最適な包丁】出刃包丁は刺身包丁と使い分けが必要、舟行包丁なら1本でOK

「釣った魚をさばく包丁として、出刃包丁、三徳包丁、舟行(ふなゆき)包丁のどれがいいですか」と

記事を読む

包丁を持つ女性

【家庭用包丁は万能性重視】三徳、牛刀、菜切の使い勝手を徹底比較

家庭で使う包丁はどんな種類を持っていれば役立つでしょう。プロの料理人の中には何種類もの包丁を

記事を読む

家庭用ステンレス包丁

【家庭用ステンレス包丁】どのメーカーを選んだらいい?

料理に多少なりとも自信ができてきたら、ホームセンターに置いてある程度の調理器具では物足りなくなってき

記事を読む

ピーマンの千切り

【木屋の包丁】家庭でも使いやすい種類と特徴について

三徳包丁は肉でも魚でも野菜でも、1本で何でも切れる家庭用の万能包丁。今では100均でも売って

記事を読む

【砥石の選び方】包丁の切れ味復活!砥石で研げば包丁が長持ち

最近は、料理を趣味にする男性も多いですよね。働き盛りで役職につき、子どもも成長して手がかから

記事を読む

【藤次郎の包丁は手入れが簡単】研ぎやすくて女性も使いやすい万能包丁

包丁を研ぐ頻度が少なくて済み、錆びにくいと手入れが楽ですよね。材質が固すぎないので楽に研げて

記事を読む

一生使える錆びない包丁選びのポイント

包丁ってどんなのを使っていますか?包丁にはいろんな種類があります。和包丁、洋包丁、用途の違い

記事を読む

料理好きになった旦那が激変!私が作る料理に批評ばかりでケンカ勃発

22歳の主婦です。私より2歳年下で20歳の旦那は、かなりの料理好き男子

料理好きな主人に感謝するも、病人の私にチーズリゾットなんてヘビーすぎ

27歳の主人は料理歴4年です。就職を機会に一人暮らしを始めたのがきっか

鍋で出汁をとる
うんちくだけの旦那が料理好きに。収納棚はこだわりの調理器具で飽和状態

パート勤めの主婦、50歳です。旦那は45歳で、早朝から深夜まで

オレンジ色の鍋
料理好きな彼が購入した4万円もの調理家電。相談なしで買っちゃうなんて…

私は27歳、料理好きな彼は28歳になります。付き合い始めたころ

困った女性
料理好きの弟よ、彼女にイイ顔する前に台所の洗い物を片付けなさいッ

我が家の困った料理好き男子は2歳年下の29歳になる弟です。綺麗

→もっと見る

PAGE TOP ↑