【包丁研ぎ失敗談】砥石やスティック状の砥石で研いでも、切れ味が良くならない

スポンサーリンク

パソコンを操作する女性

包丁は全部で3本持っています。30年くらい前に買った、1,000円程度の短い包丁が1本。20年前くらいに買った、2,000円くらいの包丁が1本。15年くらい前に買った、ヘンケルスの持ち手まで分解して洗える6,000円くらい包丁が1本。どれも、自分で研いで現役で働いてくれています。

スポンサーリンク

【砥石で包丁研ぎに挑戦】包丁研ぎの技術を磨き、切れ味抜群の包丁にしたい

あまり包丁を使い慣れていない頃は、切れ味が悪いくらいの方が安全安心だと思っていました。スパスパ切れる包丁なんて、手を切って怪我しそうで怖かったからです。ところが、包丁を使い慣れてくると、「切れ味の悪い包丁の方が怪我をしそうで怖い」という思いに変わりました。

包丁を新しいものに買い替えるか迷った結果、昔ながらの砥石を東急ハンズで購入。何に関しても職人的なことが好きな私にとっては、新しく便利なものより砥石の方が魅力的でした。最新技術なんて人間の能力を退化させるだけ~、なんて思っていましたし・・。

砥石は一生使えて、自分の技術次第でどんどん包丁研ぎが上手くなり、包丁の切れ味が良くなっていくのです。腕が鳴ります。

【包丁研ぎで失敗】研ぎ方を調べ砥石で研ぐも、切れ味が全然良くならない

早速、切れ味が悪くなってきた包丁たちを砥石で研ぐ私。インターネットでどのように研げば刃が鋭くなるのか調べ、一生懸命日々練習。初めのうちは下手くそで当然。必ずや職人技を手に入れて、かっこよく包丁を研いでやる!と意気込んだものの・・。

砥石に当てる刃の角度を工夫したり色々やってみたのですが、切れ味が良くなる研ぎ方になるには程遠く。日常の雑事に追われて時間的に無理になり、挫折して砥石を処分する・・という悲しく残念な流れに。砥石での包丁研ぎは、失敗に終わりました。

【スティック状の包丁研ぎ】簡単お手軽のキャッチコピーに惹かれ購入し、失敗

そして、両極端な思考の持ち主である私は、今度はカタログで新たな包丁研ぎを発見。それは、ダイヤモンドの粒子が練り込まれているスティック状の砥石。軽くて3~4回刃を擦るだけで切れ味が復活、と書いてあり、そのキャッチコピーに惹かれ購入。

今思えば、職人気質の私が「簡単お手軽」なんて両極端なものをよく考えずに買ったことが間違いでした。その当時は砥石の手間暇をかかった思い出が色濃く、それを払拭するキャッチコピーにとても惹かれてしまったんだと思います。

スティック状の砥石を使ってみてどうだったかというと。自分のやり方が悪かったのか、それとも切れ味が悪くなる前にもっとまめに研いだほうが良かったのか。切れ味が落ちてきたな、と感じてからスティック砥石で3~4回なでただけでは包丁の切れ味は復活せず、何度試してもうまくいかず、またもや失敗。安易に選んだ自分に自己嫌悪。

こんな反省を踏まえて、現在は砥石を細かく振動させて研いでくれる、電動包丁研ぎ器を東急ハンズで購入。職人技と現代技術、手軽さを併せ持ったものを使う作戦です。値段はそこそこ張るので、期待と失敗に対する怖さと半々。どんな働きをみせるか見所です。

スポンサーリンク

関連記事

包丁の怪我を見て貧血を起こす旦那

【包丁で親指を切って出血多量】怪我した私ではなく、血を見た主人が貧血でダウン

25歳の専業主婦です。大学でも調理の学科を専攻しており、長年毎日料理をしていることから包丁を

記事を読む

包丁と包丁研ぎ棒

包丁研ぎ棒は簡単だけど、大事な包丁はやはり研ぎ屋に依頼

47歳主婦です。お料理は好きなので、包丁は出刃包丁1本、刺身包丁1本、三徳包丁1本、パン切り

記事を読む

救急

【料理中に激痛】短気な妻に苛立って包丁で指を切ってしまい、病院で5針も縫う怪我

55歳の公務員です。妻とはよく喧嘩をします。日曜日の夜のことでした。土日の料理担当が私なので

記事を読む

キッチン片付けない

旦那は料理上手だけど…勝手に食材を使って気ままに作り、後片付けは一切しない

28歳主婦です。私の主人(30歳)は、学生時代にイタリアンレストランのキッチンスタッフとして

記事を読む

包丁の傷口に包帯を巻く

包丁で切った指を見て、大パニックの旦那が救急車を呼んじゃった

私は30歳で、客室乗務員です。しばらくの間、切れにくい包丁を我慢して使っていたのですが買い換

記事を読む

包丁で足を切りパニック

【包丁で足を切る】血まみれのキッチンを見てさらにパニック

まだ、新婚間もない頃に体験した話です。お互いに会社勤めをしていて、夕飯は早く帰れた方が作るの

記事を読む

チャーシューと一緒に包丁で指を切る

【バイト中に包丁で指を怪我】絆創膏や輪ゴムで止血するも、なかなか止まらず苦戦

これは僕が16歳の時に、ラーメン屋でアルバイトをしていた時の話です。僕がバイトをし始めて約3

記事を読む

包丁研ぎで失敗し、元に戻すのに一苦労

【砥石で包丁を研ぐ】失敗して包丁の腹が凹み、元に戻すに一苦労

現在33歳です。19歳から料理の世界に入り、14年になりました。職種は事業所の給食調理師です

記事を読む

ネギを切る

【包丁で危うく指を切断】血が止まらず、看護師の友人に助けを求める

会社員で30歳のとき自分の食事を作るため、用意していたときのことである。確かねぎだということ

記事を読む

ハンバーグ

【切れ味の悪い包丁で大怪我】手術で7針も縫ったせいで包丁が怖くなる

私は32歳の独身フリーターです。食費を浮かすために毎日自炊をしています。いつものように調理を

記事を読む

料理好きになった旦那が激変!私が作る料理に批評ばかりでケンカ勃発

22歳の主婦です。私より2歳年下で20歳の旦那は、かなりの料理好き男子

料理好きな主人に感謝するも、病人の私にチーズリゾットなんてヘビーすぎ

27歳の主人は料理歴4年です。就職を機会に一人暮らしを始めたのがきっか

鍋で出汁をとる
うんちくだけの旦那が料理好きに。収納棚はこだわりの調理器具で飽和状態

パート勤めの主婦、50歳です。旦那は45歳で、早朝から深夜まで

オレンジ色の鍋
料理好きな彼が購入した4万円もの調理家電。相談なしで買っちゃうなんて…

私は27歳、料理好きな彼は28歳になります。付き合い始めたころ

困った女性
料理好きの弟よ、彼女にイイ顔する前に台所の洗い物を片付けなさいッ

我が家の困った料理好き男子は2歳年下の29歳になる弟です。綺麗

→もっと見る

PAGE TOP ↑