【砥石の選び方】包丁の切れ味復活!砥石で研げば包丁が長持ち

ホームセンターの包丁売り場

最近は、料理を趣味にする男性も多いですよね。働き盛りで役職につき、子どもも成長して手がかからなくなると、料理に目覚めたりします。こだわりが強いので、趣味とはいえ料理に凝りだすと、家にある包丁の切れ味に満足できなくなってきます。

スポンサーリンク

包丁を研いで切れ味を復活させるには、砥石(といし)が必要です。シャープナーや研ぎ器を使って研ぐより、切れ味が良くなりますよ。包丁売り場に砥石も売っているのですが、さまざまな砥石があり、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。そこで今回は、砥石の種類と選び方を解説します。

【砥石の種類】人造砥石と天然砥石

砥石には、人造砥石と天然砥石があります。天然砥石は文字通り天然の石で、鉱山で採掘されます。人造砥石は、研磨剤を結合剤で固めたものです。天然砥石は天然素材ですから個体差も大きいため、職人でないと選ぶのが難しいです。ホームセンターなどで販売されているのは、ほとんど人造砥石です。

人造砥石

工業的につくられた砥石で、天然砥石と違って粒度という粒子の大きさがはっきりと数字で表示されています。基本となる粒子の素材、粒子を結着させる結合剤の素材、また結着方法によって、同じ数字の砥石でも硬度の違いがでてきます。

砥石の粒度は、JIS規格で細かく定められており、数字が大きくなるほど目が細かい砥石になります。大きく分けると下記の3つになります。

荒砥石・・#80~400粒度
研磨力が強く、刃こぼれの修理、刃の形状修正などに使われます。

中砥石・・#600~2,000粒度
もっとも一般的に使われる砥石で、特に1,000番、1,200番あたりの使用度が高いです。この中砥石だけでも、研ぎを終えることができます。

仕上砥石・・#3,000粒度以上
仕上と名の付く通り、最終仕上げに使われる砥石で、切れ味も一層鋭くなります。糸刃(小刃ともいう)をつけて耐久性のある刃先にすることができます。カエリを取るときや、裏押しを研ぐときにも使われます。

天然砥石

天然砥石は、採掘鋼から掘り出した石を加工したものです。全国各地に採掘鋼がありますが、近年は閉山がすすみ、数が少なくなっています。人造砥石と違って、同じところから採れた石でも粒度や成分に違いがあり、包丁の鋼材によってはあたりはずれがあります。

スポンサーリンク

値段も数万円以上しますし、扱いも難しく、プロ向けの砥石です。

初めての砥石選びは、中砥石#1,000粒度で決まり

#1,000粒度の中砥石

最初に選ぶ砥石は、#1,000の中砥石が使いやすいでしょう。家庭で使用する包丁なら、この砥石ひとつで充分な切れ味をつくることができます。長さは、20cm程度のものがよいでしょう。また表裏で#400の荒砥石と#1,000の中砥石のように、番数の違う砥石がくっつけてあるコンビタイプもあります。

片刃の和包丁を使われているなら、5,000番程度の仕上げ砥石も購入した方がいいです。片刃包丁を研ぐときに発生するカエリをとるのに使用するためです。カエリとは、包丁を研いだ面の反対側の刃先に現れる、触るとざらっとした感触があるもので、カエリを取らないと切れ味がよくなりません。

カエリを取るのに、包丁の裏側の裏押しという部分を研ぐのですが、中砥石で裏押しを研ぐと、裏押しの幅が広くなりすぎる可能性があるので、仕上げ砥石を使います。

砥石のメーカーはいろいろありますが、ホームセンターで売っている1,000~2,000円の中砥石で充分です。仕上げ砥石は2,000~3,000円、コンビ砥石は2,500円前後です。

包丁の素材によってはダイヤモンド砥石が必要

セラミックス素材の包丁は、通常の砥石では研げません。ダイヤモンド砥石が必要です。ダイヤモンド砥石は、ダイヤを砥石の素材に混ぜ込んであるタイプと、鉄の表面に蒸着させたものがあります。蒸着タイプなら3,000円台で購入できます。

砥石の製造方法や粒子の素材によって、硬い砥石と柔らかい砥石があります。硬い砥石のほうが硬い鋼材にも対応でき、刃ができるのも早いです。柔らかい砥石は、すぐ真ん中がへこむので、研ぎ面をたいらに修正した方がいいでしょう。

まとめ

包丁を初めて研ぐのであれば、最初に買い求める砥石は#1000の中砥石がよいでしょう。もし包丁が刃こぼれして荒砥石を使わなければならないような状態になったら、自分で荒砥石を使うようなことはせず、おとなしく修理にだしましょう。荒砥石を使ってしまうと、へたすると修復不可能な状態にしてしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク

関連記事

一生使える錆びない包丁選びのポイント

包丁ってどんなのを使っていますか?包丁にはいろんな種類があります。和包丁、洋包丁、用途の違い

記事を読む

【釣りに最適な包丁】出刃包丁は刺身包丁と使い分けが必要、舟行包丁なら1本でOK

「釣った魚をさばく包丁として、出刃包丁、三徳包丁、舟行(ふなゆき)包丁のどれがいいですか」と

記事を読む

【藤次郎の包丁は手入れが簡単】研ぎやすくて女性も使いやすい万能包丁

包丁を研ぐ頻度が少なくて済み、錆びにくいと手入れが楽ですよね。材質が固すぎないので楽に研げて

記事を読む

家庭用ステンレス包丁

【家庭用ステンレス包丁】どのメーカーを選んだらいい?

料理に多少なりとも自信ができてきたら、ホームセンターに置いてある程度の調理器具では物足りなくなってき

記事を読む

三徳包丁

【包丁ブランド】三徳包丁を買うなら、グローバル・空・藤次郎どれを選ぶ?

万能包丁と言われている、三徳包丁。この1本があれば、家庭で料理するのには困りません。三徳包丁

記事を読む

包丁を持つ女性

【家庭用包丁は万能性重視】三徳、牛刀、菜切の使い勝手を徹底比較

家庭で使う包丁はどんな種類を持っていれば役立つでしょう。プロの料理人の中には何種類もの包丁を

記事を読む

ピーマンの千切り

【木屋の包丁】家庭でも使いやすい種類と特徴について

三徳包丁は肉でも魚でも野菜でも、1本で何でも切れる家庭用の万能包丁。今では100均でも売って

記事を読む

お刺身

【魚用包丁の選び方】さばきやすい包丁の特徴は?

釣りが趣味で釣ってきた魚、せっかくの新鮮な魚ですから美味しく食べたいですよね。魚を美味しく調

記事を読む

料理好きになった旦那が激変!私が作る料理に批評ばかりでケンカ勃発

22歳の主婦です。私より2歳年下で20歳の旦那は、かなりの料理好き男子

料理好きな主人に感謝するも、病人の私にチーズリゾットなんてヘビーすぎ

27歳の主人は料理歴4年です。就職を機会に一人暮らしを始めたのがきっか

鍋で出汁をとる
うんちくだけの旦那が料理好きに。収納棚はこだわりの調理器具で飽和状態

パート勤めの主婦、50歳です。旦那は45歳で、早朝から深夜まで

オレンジ色の鍋
料理好きな彼が購入した4万円もの調理家電。相談なしで買っちゃうなんて…

私は27歳、料理好きな彼は28歳になります。付き合い始めたころ

困った女性
料理好きの弟よ、彼女にイイ顔する前に台所の洗い物を片付けなさいッ

我が家の困った料理好き男子は2歳年下の29歳になる弟です。綺麗

→もっと見る

PAGE TOP ↑