【包丁で2度も怪我】応急処置するも出血が止まらず、病院で縫合するハメに

手に包帯

30代の女性会社員です。怪我したときに使っていた包丁の種類は1回目は不明ですが、2回目は1,000円程度で農州孫六作と記載された包丁でした。

スポンサーリンク

厨房の包丁で親指をザックリ!血が止まらず、まな板まで真っ赤

私が包丁で1回目に怪我をした時の状況ですが、バイト先の飲食店の厨房で白髪ネギの仕込み中でした。店長から「包丁使いうまいね!」と言われ、照れて「やめてくださいよー、調子に乗っちゃうじゃないですか」と言って、左親指をザックリ!本当に調子に乗りました。

一瞬何が起こったかわからず、特に痛みも感じなかったのでドクドク流れ出る血を見ながら、ボーっとしていました。慌てた店長が「大丈夫?」と聞いたので、ハッと我に返り「大丈夫です!こんな傷、押さえておけば!」と、流水で洗いティッシュで押さえたものの、血は止まらず。まな板とネギを見ると血で赤く染まっていたのが、恐怖でした。

傷口の奥に白いものが見えてる!骨か?!と思った私は、医務室へ連れて行かれました。医務室の先生から「こりゃーダメだね。一応、応急処置したけど、病院で縫ってもらわないと」と言われたので、バイトを早退して急きょタクシーで病院へ向かいました。

病院の先生は「どうしたの?」と聞き、事の成り行きを説明したら、苦笑しながら傷口を縫ってくれました。「指の神経を切ってるかもしれないから、少しマヒが残るかもよ」と言われました。私の傷は相当深かったようです。

2度目の怪我は人差し指を切ってまた縫合、大量出血を見た彼が大パニックに

2回目の怪我は、自宅でネギを輪切りにしていた時でした。彼氏に「上手いね」と言われ、これまた調子に乗ってしまい、今度は人差し指をグッサリ!傷口から血がダバダバ!「しまった!また…」と思っていたら、彼氏の顔がみるみる真っ青になっていくのが分かりました。

私は動揺はしつつも2回目の怪我なので、「これ病院行かないとダメだわー」と冷静でした。でも、彼氏は「え?マジ?」「どうしよ…どうしよ…」と初めて見た大量出血に大パニック状態で、部屋を右往左往。「傷口見せて、うっ、どうしよ、あー」と言いながら、震える手で必死に携帯で止血法を検索し始めました。

スポンサーリンク

私「いや、病院で縫わなきゃダメだし」、彼氏「あー、まず心臓より手を上にあげて」、私「いや、それより病院だって」、彼氏「え!?ちょ、待って待って」と30分くらい押し問答を続けました。彼氏の動揺が半端ないので、私が冷静に「病院行こうよ」と諭す何とも変な状況でした。

どうにか彼氏を説得し、傷口はティッシュぐるぐる巻きで出血している左手を上げながら、病院まで15分ほど歩きました。周囲から見たらおかしなカップルだったことでしょう。女は手を上げて歩いてるし、男はプルプル震えて女にしがみついているのですから(笑)

親指にも縫った傷跡があったので、病院の先生は2回目の怪我だと気が付いたらしく、呆れられつつ傷口を縫われました。先生は「あなたの方が大丈夫ですか?」と彼氏に聞いたので、何とも笑えました。笑っている場合じゃないんですけどね、こっちは。でも、面白い思い出になりました。

切れない包丁は滑りやすく怪我しやすい。切れ味を保つため手入れは重要

1回目の怪我をした後は、親指の神経に少し影響があったらしく、触った感覚は無いのですが、指は問題なく動くので安心しました。怪我をした飲食店では、衛生面から傷が完全に治るまで厨房出入り禁止となり、接客を6ヶ月くらいしました。

厨房に戻っても「お願い気を付けてー」と周囲から心配されまくりでした。ちなみに怪我は労災扱いなので、店長に迷惑をかけてしまい反省です。2回目の怪我の後は、流石に包丁が怖くなり、ゆっくりでしか食材を切れなくなりました。それどころか包丁が怖いので、手で引きちぎれる食材は出来るだけ引きちぎるようにしています。

包丁は切れ味が鈍ると、滑りやすく怪我をする確率が上がりますので、手入れはしっかりするよう心掛けています。怪我をしたときは、まず流水洗浄と傷口を圧迫すること。傷口を心臓より高くするため、手を上げること。傷口が深いときは、すぐ病院に行くことが大切です。

傷口を縫った後は先生から指示があると思いますが、化膿する可能性がありますので、清潔にしておくこと。こまめに消毒、絆創膏の交換も大切です。それから私のように調理中、調子に乗っては絶対いけません。集中しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

包丁を碇石で研ぐ

【砥石で包丁を研ぐ】祖父の研ぎ方を見よう見まねでやるも、何度も失敗

33歳で自営業してます。職場と家が近いので、昼食を自宅でとってる関係もあり、自然と料理をする

記事を読む

キッチン片付けない

旦那は料理上手だけど…勝手に食材を使って気ままに作り、後片付けは一切しない

28歳主婦です。私の主人(30歳)は、学生時代にイタリアンレストランのキッチンスタッフとして

記事を読む

大根と一緒に親指も包丁で切る

包丁で指を切り落としたと勘違いしパニックになるも、切ったのは爪だけ

現在40歳で、ピアノ講師をしています。料理は毎日のことなので、当然のことながら包丁の扱いには

記事を読む

ネギを切る

【包丁で危うく指を切断】血が止まらず、看護師の友人に助けを求める

会社員で30歳のとき自分の食事を作るため、用意していたときのことである。確かねぎだということ

記事を読む

包丁で怪我しながらショッピングにおでかけ

包丁で負った切り傷を意地で止血し、ショッピングに出掛けた母に悲劇が起こる

41才、主婦です。私が小学3年生だった時のこと。私たち家族は父の仕事の都合で、生まれ育った福

記事を読む

包丁の怪我をみて泣く子ども

【包丁の慣れと油断から怪我】出血に驚き大声をあげたら、息子も怖がり泣き叫ぶ

30歳の専業主婦です。料理は昔から得意なほうなので滅多に怪我はしませんが、慣れているが故に起

記事を読む

かぼちゃとともに指も切る

【包丁で切った指から出血】パニックになるも、冷静に止血してくれた母に感謝

28歳、倉庫作業をしています。数年前のある日、料理が苦手な私が南瓜の煮付けを作った時のことで

記事を読む

ネギの千切り

【初めての包丁研ぎ器】失敗して研ぎ直しするも、刃先が丸くなりすぎ元の面影なし

24歳の専業主婦です。私は包丁を2本持ってます。食材を切るため包丁と、果物を切るためのもので

記事を読む

包丁研ぎは母におまかせ

【包丁を砥石で研いで失敗】不器用な私には難しく、包丁研ぎは母に丸投げ

一人暮らしを始める時に、新しい三徳包丁を1本母親から買って貰いました。その包丁で野菜も、肉も

記事を読む

腕かゆい

菜切り包丁で指を切り病院へ、傷の治療が原因で薬物アレルギーまで誘発する

65歳の主婦です。私が怪我をしたのは、息子が小学1年生の時の出来事で、夕食の支度をしている最

記事を読む

料理好きになった旦那が激変!私が作る料理に批評ばかりでケンカ勃発

22歳の主婦です。私より2歳年下で20歳の旦那は、かなりの料理好き男子

料理好きな主人に感謝するも、病人の私にチーズリゾットなんてヘビーすぎ

27歳の主人は料理歴4年です。就職を機会に一人暮らしを始めたのがきっか

鍋で出汁をとる
うんちくだけの旦那が料理好きに。収納棚はこだわりの調理器具で飽和状態

パート勤めの主婦、50歳です。旦那は45歳で、早朝から深夜まで

オレンジ色の鍋
料理好きな彼が購入した4万円もの調理家電。相談なしで買っちゃうなんて…

私は27歳、料理好きな彼は28歳になります。付き合い始めたころ

困った女性
料理好きの弟よ、彼女にイイ顔する前に台所の洗い物を片付けなさいッ

我が家の困った料理好き男子は2歳年下の29歳になる弟です。綺麗

→もっと見る

PAGE TOP ↑