手を滑らせて包丁で怪我、食材に添えていた薬指をザックリ切り縫合する

病院

現在53歳の専業主婦です。私が怪我をしたのは7~8年前の事でした。お夕飯を作っていた私は、人参を2cm幅の輪切りにしていました。使っていたのは、私が結婚した時に買った包丁でした。価格はちょっと忘れましたが、1,000円前後だったような気がします。

スポンサーリンク

まな板は流血で真っ赤に…包丁で指を切り、タクシーで病院へ直行

包丁で人参を切っていたのですが、ちょっと厚めに切っていたので手が滑り、あっ!と思った瞬間、嫌な感触が。まな板に着いた血を見て驚いて包丁を見たら、私の左手の薬指の小さな肉片が。「やっちゃった!」と思った途端、血が止まらなくなり、取りあえず傷口を水洗いして切れた肉片をくっつけて、ギュッと押さえました。

午後6時頃だったので外科のある総合病院に電話し、タクシーで駆け込みました。何しろ指先の怪我なので痛みが強く、右手で左手を握るようにして痛みに耐えていました。不幸が重なり、路上で荷物を積んでいる車がいて、タクシーの中で3~5分も待たされました。

やっと病院に到着して診察。肉片をくっつけた上からガーゼで出血を押さえていたのですが、ガーゼを取る時が怖くて、私は自分の年齢の半分ほどの若い看護師さんの胸に、顔を埋めてしまいました。外科の先生は「この位なら皮膚は再生しますが、折角だから縫合しましょうね」と言いました。

病院に到着するも、待合室で1時間も待たされ傷口の痛みと格闘する

私はストレッチャーで処置室へ。処置室にはもう一人、患者がいました。しかも、全く動きません。救急車で運ばれてきたのでしょう。ご存知の通り、救急車の患者が最優先で処置されます。意識がはっきりしない患者のようで、先生が1人いらっしゃいましたが別の先生もいらして何か話し合っていました。

処置室には、私を診て下さった外科の先生はいませんでしたが、途中、私を診にいらしたので、「麻酔は出来ませんか?」と聞いたのですが、「今、麻酔を打つと縫合している時に切れちゃうから」と、すげないお言葉。私は処置室から出され、待合室に移されました。

スポンサーリンク

私はひたすら痛みに耐えるだけでした。色々な事を考えて気持ちを逸らそうと必死でした。私の処置が始まるまで、小1時間は待たされたと思います。麻酔注射が薬指の付け根に打たれ、段々痛みが無くなってホッとしました。先生が指先を縫う時は、天井を見ていましたが、途中で心臓がドキドキして呼吸が荒くなってきました。

先生も看護師さんも何も言いませんし、歯医者さんの治療で使う麻酔でも気分が悪くなったことはありません。5分程で治まりましたが、ちょっと不安でした。やっと縫い終わり、中指と薬指から手首まで包帯をぐるぐる巻きにされた左手。痛み止めと抗生剤の薬が出ました。主人に迎えに来てくれるように頼んでいたので、車で帰宅しました。

【包丁の怪我で反省】食材を押さえる時は、指先を丸めた「猫の手」で

麻酔が切れた翌日の指先は痛いのなんの!ソファに横になり左手を上にすると、少し痛みがマシだとわかり、何とか痛みを我慢しました。翌日、病院へ行った時に先生に話すと、痛み止めの座薬が出ました。座薬を使うとやっと酷い痛みは取れました。怪我をしてから4日経って、痛みは飲み薬でどうにか治まりました。

1週間程で外来の院長先生が診てくださいました。「傷はもうくっついているよ。これ位なら再び縫わなくてもいいね」と言いました。傷は1cmあるかないかだったので、病院へ行くかどうか迷いました。でも、きちんと消毒出来るかが心配でした。

病院へ行って良かったと思ったのは、「痛み止め」の薬を処方してもらえたことでした。座薬までもらわないと痛みに耐えられず家事も出来ないほどだったので、先生からみたら大怪我でなくても、痛み止めを出して貰えて私は本当に良かったです。

怪我をした原因は、包丁を使う時の癖でした。「猫の手」のように、丸めた4本の指で食材を押さえて包丁で切るように教えられましたが、私は親指で押さえる癖があり4本の指を丸めていないことがありました。誰にでも癖はあるでしょうが、包丁は昔ながらの使い方が最も安全で良いのだと思いました。

スポンサーリンク

関連記事

大根と一緒に親指も包丁で切る

包丁で指を切り落としたと勘違いしパニックになるも、切ったのは爪だけ

現在40歳で、ピアノ講師をしています。料理は毎日のことなので、当然のことながら包丁の扱いには

記事を読む

ネギを切る

【包丁で危うく指を切断】血が止まらず、看護師の友人に助けを求める

会社員で30歳のとき自分の食事を作るため、用意していたときのことである。確かねぎだということ

記事を読む

包丁研ぎは母におまかせ

【包丁を砥石で研いで失敗】不器用な私には難しく、包丁研ぎは母に丸投げ

一人暮らしを始める時に、新しい三徳包丁を1本母親から買って貰いました。その包丁で野菜も、肉も

記事を読む

包丁で指先を切断し痛みのあまり叫ぶ

【仕事中に包丁で指を切断】外科に駆け込み、無理やり切断部分を縫い合わせる

32歳、専業主婦です。昨年まで7年間小さなスーパーで惣菜、弁当作り全て一人で行っていました。

記事を読む

かぼちゃとともに指も切る

【包丁で切った指から出血】パニックになるも、冷静に止血してくれた母に感謝

28歳、倉庫作業をしています。数年前のある日、料理が苦手な私が南瓜の煮付けを作った時のことで

記事を読む

アボカドの種取り中に包丁で手首切る

包丁で手首をザクっ・・痛さのあまり絶叫しまくる私をよそに怪我の処置をする母

日頃、料理をしていると怪我の一つや二つつきものではないでしょうか?当時、まだ包丁を使うことを

記事を読む

包丁研ぎで失敗し、元に戻すのに一苦労

【砥石で包丁を研ぐ】失敗して包丁の腹が凹み、元に戻すに一苦労

現在33歳です。19歳から料理の世界に入り、14年になりました。職種は事業所の給食調理師です

記事を読む

包丁の怪我を見て貧血を起こす旦那

【包丁で親指を切って出血多量】怪我した私ではなく、血を見た主人が貧血でダウン

25歳の専業主婦です。大学でも調理の学科を専攻しており、長年毎日料理をしていることから包丁を

記事を読む

包丁と包丁研ぎ器

包丁研ぎ器を試すも、切れ味が良いのはやっぱり砥石

22歳、大学院で研究を行っている者です。現在一人暮らしなので、自炊生活をしています。自炊する

記事を読む

料理もりだくさん

料理好きなルームメイト、彼のフェイスブックは自慢の料理が満載

私は20歳で、18歳のルームメイトが料理好き男子です。料理好き男子である彼は、10歳くらいか

記事を読む

料理好きになった旦那が激変!私が作る料理に批評ばかりでケンカ勃発

22歳の主婦です。私より2歳年下で20歳の旦那は、かなりの料理好き男子

料理好きな主人に感謝するも、病人の私にチーズリゾットなんてヘビーすぎ

27歳の主人は料理歴4年です。就職を機会に一人暮らしを始めたのがきっか

鍋で出汁をとる
うんちくだけの旦那が料理好きに。収納棚はこだわりの調理器具で飽和状態

パート勤めの主婦、50歳です。旦那は45歳で、早朝から深夜まで

オレンジ色の鍋
料理好きな彼が購入した4万円もの調理家電。相談なしで買っちゃうなんて…

私は27歳、料理好きな彼は28歳になります。付き合い始めたころ

困った女性
料理好きの弟よ、彼女にイイ顔する前に台所の洗い物を片付けなさいッ

我が家の困った料理好き男子は2歳年下の29歳になる弟です。綺麗

→もっと見る

PAGE TOP ↑